矯正歯科ってどんなもの?

矯正歯科について

矯正歯科では、噛み合わせの悪い歯並びなどを
装置を装着した自分の歯を動かしながら整え治療していきます。
噛み合わせの悪い歯並びとは、出っ歯や乱ぐい歯、八重歯、受け口などです。
矯正歯科をおこなう事で、歯並びを整えるだけでなく、
歯槽膿漏や虫歯、咀嚼障害などの病気を予防する効果もあります。
また、歯並びが整うので歯垢や汚れがつきにくくなり歯の寿命をのばす効果もあります。

 

矯正歯科の治療法は、口の中に装置を入れて歯に一定の力をかけ人工的に歯を動かしていきます。
お子様の矯正歯科の治療は、永久歯が生え始める6歳から7歳頃から始める方が多いです。
しかし、上あごの成長が止まる小学校の高学年から中学生になると短期間の治療では改善が難しくなると言われています。

 

最近では、大人の方も矯正される方が増加しています。
大人の方の矯正治療は、成長期の治療に比べると
歯の移動速度が遅いので治療が長引きやすくなります。
しかし、大人の方の治療は成長による変化がないので歯の移動計画が立てやすい特徴もあります。
また、治療中に妊娠されても問題なく治療を継続する事ができます。
歯ぐきが健康な方は、何歳でも矯正治療をおこなう事ができますので検討しましょう。

 

矯正歯科の治療は一般的に自由診療ですが、
口蓋裂(こうがいれつ)や口唇裂(こうしんれつ)などの
先天的な咬合機能異常の治療などには保険が適用されます。
これらは、上唇や上顎の歯列内側の部分が裂けた状態で生まれてくる先天的な形成異常となります。
口蓋裂や口唇裂の症状は、哺乳障害や構音障害、歯の成長や歯並びに影響が出る場合があります。
矯正治療を開始する時期は症状によって異なり、
治療する歯科医院によっては自治体などから補助金が出る場合もあります。

 

パークシティデンタルクリニックは親切なカウンセリングで人気です。

矯正治療でも保険が使える場合がある

矯正治療は、育成更正医療指定機関の指定医院で
治療すれば保険治療が可能となる場合もあります。
しかし保険で矯正治療をおこなう場合は、
ブラケットは金属製に限定されますので注意しましょう。
最近矯正治療でよく用いられている、
透明なブラケットや歯の裏側に装着するブラケットなどは使用できません。

 

保険治療となる矯正とは、
上顎と下顎の骨格に大きなずれがあり、噛み合わせ不全となっている場合などです。
こういった場合には、外科的な治療をおこなう必要があります。

 

例えば、受け口と言われる反対咬合や開咬などです。
治療法は、上顎と下顎のバランスを正常にする為に外科手術で顎骨を削ります。
その後で、ブラケットによる歯列の調整をおこなっていきます。
外科手術は、大学病院などの公的医療機関でおこなわれます。
その後の矯正治療は、育成更正医療指定機関の指定医院でおこなっていきます。

 

育成更正医療指定機関とは、厚生労働省から認定を受けた医療機関の事です。
児童の場合は、育成医療機関での受診となります。
また、成人の場合は更正医療機関での受診となっています。
更生医療指定機関に認定される為には、
厚生労働省の設けた設備や人材などの基準をクリアする必要があります。
お住まいの地域の保健所や福祉課で、指定機関についての問い合せが可能です。
また、育成更正医療指定機関を利用した矯正治療には、
自治体から補助金が出る場合があります。
補助金の問い合せや申請手続きも、
お住まいの地域の保健所や福祉課に問い合わせると詳しく案内してもらえます。

 

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る