親知らずと歯列矯正

親知らずと歯列矯正

奥歯に生えてしまった親知らずの扱いに関して、困っているという人もいると思います。
実際のところ、親知らずによって生じる問題もあれば、親知らずによって解消する事柄も存在するのです。
今回は、親知らずと矯正治療の関係について詳しく見ていきましょう。

 

そもそも親知らずは必ず抜かなくてはいかないというわけではありません。
1本の歯としてお口の中で正しく生えている場合には、歯科医師もそのままにしておくことが多いのです。
ただし、炎症を繰り返してお口の衛生状態を悪化させている、噛み合わせた際に向かい合う歯が無い、真っすぐ生えていないせいで歯列全体が歪んでいるといった場合には抜くことになります。

 

また、親知らずは基本的に歯ブラシが届きにくい場所に生えていることが多いので、虫歯が発生しやすい歯であるともいえます。
そのため、虫歯の治療の一環として親知らずを抜いてしまう様子がよく見られます。
歯列矯正で親知らずを抜くタイミングとしては、ブラケットなどの矯正器具をを装着する前後であることが多いようです。
親知らずも含めて矯正治療をするケースも見られます。
親知らずが極端に曲がっていない場合や、親知らずに合わせて他の歯を調節した方が患者の負担が少ないと歯科医が判断することもあるのです。
抜き取られた親知らずは、治療に再利用されることも少なくありません。
虫歯によって失われた歯の代わりに埋め込む方法や、ブリッジをはじめとした義歯の材料として使われるのです。
親知らずも、自分の歯列を構成する歯の一つです。
歯科医師と相談したうえで歯列矯正の際に親知らずをどう扱うか判断しましょう。

 

http://www.cosmedental.net/

関連ページ

顎関節症と歯列矯正
顎関節症と歯列矯正
歯列矯正を始める理由
歯列矯正を始める理由
今話題のフリクションフリー矯正とは?
今話題のフリクションフリー矯正とは?
インプラントで歯列矯正
インプラントで歯列矯正
インプラント矯正がおすすめです!
インプラント矯正がおすすめです!
インビザラインで歯列矯正
インビザラインで歯列矯正
歯並びが悪くなる要因とは?
歯並びが悪くなる要因とは?

このページの先頭へ戻る