インプラントで歯列矯正

インプラントで歯列矯正

インプラントという治療について耳にしたことがある人も多いと思います。
ブリッジや差し歯とは異なり、歯槽骨にまで到達する安定性の高い義歯として注目を集めている治療方法です。
最近ではインプラントを歯列矯正にも利用するケースが増えてきました。
今回は、インプラントを用いた歯列矯正の特徴について詳しく見ていきましょう。

 

一般的な歯列矯正はマウスピースやブラケットといった器具を活用します。
マウスピースはいつでも取り外しが出来ますが、歯にかかる圧力が小さく矯正治療に長い時間を要する傾向にあります。

 

一方のブラケットは、他の歯にブラケットを巻き付けて特定の歯を引っ張る形で圧力をかけるので、複数の歯を矯正する際には長期に至る可能性が高いのです。
インプラントを用いた歯列矯正は、スクリューと呼ばれるネジに似た部品を歯茎に埋め込み、そこを支点としてターゲットになる歯を引っ張るというものです。
マウスピース矯正よりも強い力を歯にかけられるのはもちろんのこと、ブラケット治療のように、他の歯を支えにするわけではありませんから、ピンポイントで矯正の対象である歯を目的の場所に移動させられます。
インプラントによる歯列矯正の魅力は何といっても矯正に必要となる時間が少ないという点です。
マウスピースやブラケットにしろ、歯の中に異物を嵌め込んで生活するというのは快い体験とはいえません。
インプラントによる歯列矯正は、こうした異物感に悩まされる期間を短縮することが可能なのです。

 

 

 

ただし、インプラントを埋め込むには外科的手術を伴います。
費用に関しても他の歯列矯正より高額になりますので、歯科医師と相談のうえでご利用ください。


このページの先頭へ戻る