矯正治療の流れについて

矯正治療の流れについて

矯正治療は、さまざまな歯科医院でおこなわれています。
一般的な矯正治療の流れは、まず口の中を診察し、カウンセリングをおこないます。
カウンセリング時には、矯正治療に関する不安や疑問、希望などを医師に伝えましょう。
また、医師は患者に治療法や開始時期、使用する装置などについて説明します。
さらに、治療期間や治療費についても説明があります。
未成年の方は、保護者と一緒にカウンセリングを受けましょう。
大島で評判のこちらの歯科では矯正歯科にも力をいれており、矯正治療をお考えであればカウンセリングに行かれることをおすすめします。

 

続いて、精密検査をおこないます。
精密検査では、口の中や顔の写真、頭部や歯のレントゲンなどから
歯並びの状態を詳しく検査していきます。
また、歯並びの模型を作製してかみ合わせの確認をおこなう場合もあります。
必要な場合は、アゴの関節のレントゲンやアゴの動きを調べる検査もおこないます。
検査結果から今後の治療計画が決定され、医師から具体的に説明を受けます。
治療方法や期間、希望する矯正装置により料金が変わります。
次に矯正装置を口の中につけていき、装置をつけた後の歯磨きの指導などがおこなわれます。

 

装置を装着した後は、通常3週間から6週間に1回程度通院します。
また、定期観察の場合は2カ月から6カ月に一回程度通院が必要です。
通院の際には、装置の調整やワイヤー調整などをおこないます。
矯正治療は個人によって差はありますが、平均で2年程度の治療になる場合が多いです。
装置をはずした後は、動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで保定装置を1年程度装着し、
月1回から2カ月に1回の通院をおこない治療が終了となります。


このページの先頭へ戻る