歯並びが悪くなる要因とは?

歯並びが悪くなる要因とは?

虫歯や歯周病など、歯にトラブルが発生した時には歯科医院に行くと思いますが、
矯正歯科となると、やはりメインは歯並びを整えることとなります。
 

 

美容目的や噛み合わせなど、歯をきれいに整えることは、良いことが沢山あります。
しかしながら、何故歯並びが悪くなってしまうのか、根本的な原因を知っておくことも重要です。
ここでは、歯並びが何故悪くなってしまうのか、簡単に紹介します。
矯正歯科に通う前に、ぜひ読んでみてください。

 

 

●3つの要因
まず、歯並びが悪くなる原因としては、環境的要因が挙げられます。
これは、正常な発育などが生活環境などによって妨げられ歯並びが悪くなる要因です。

 

次に、遺伝子的要因です。
これは、歯の大きさであったりあごの大きさなど、
遺伝的な原因の要素が重なり歯並びが悪くなる、とされているものです。
そして、この2つが辛味あった相互作用の要因。

 

この3つが大きく分けて、
歯並びに悪影響を与えるだろうと言われている要因となっています。

 

 

●具体例
では、具体的にはどういったことで歯並びが悪くなってしまうのでしょうか。
考えられのが、胎児期に発達障害などが起こり、
歯やアゴ骨に影響が出たということ。これは、環境的要因に当てはまります。

 

また、虫歯や外傷が原因となることで、
大人の歯と子どもの歯の交換がスムーズに行われる、
結果は並びが悪くなる場合です。
さらに、指吸いやうつぶせ寝も原因のひとつとも言われています。
歯並びの良さを決めるのは、遺伝もあるでしょうが、
外的要因も非常に大きいのです。
ぜひ、参考にしてみてください。


このページの先頭へ戻る